美しく振るまうビジネスマナー(PDCAサイクルは仕事の基本)

今回は最近、ネット上で話題になっている言葉をご紹介したいと思います。

・「努力して結果が出ると、自信になる」images

・「努力せずに結果が出ると、おごりになる」

・「努力せずに結果も出ないと、後悔が残る」

・「努力して結果が出ないとしても、経験が残る」

この言葉を聴いた時に思い浮かんだのがPDCAサイクルのことでした。

PDCAは計画(Plan)➡実行(Do)➡評価(Check)➡改善(Action)の頭文字をとったものですね。

ご存知のようにPDCAサイクルは仕事の基本であり業務効率を高める上で重要です。

「目標に向かって、計画を立て実行し、その結果を振り返って、もっと効率的、効果的なやり方をする」ことです。

「何だ、当たり前のこと」と思われるかもしれませんが実践できている人は少ないのです。

なぜならば、企業業績(売上げ・利益)は、個人の頑張りだけではコントロールできないことを知っているからです。景気や競合企業といった外部環境によって影響を受け、いくら努力しても意味が無いと思われがちです。

しかし、最後のフレーズを思い返してください。努力すれば結果がどうであれ、何かは残るのです。

先ずは、「自分で考えて、実行する」ことを試行錯誤してみましょう。

☆ワンポイントアドバイス☆

何事もどのようにしたら効率的、効果的に出来るかを考えて実行に移すことが大切ですね。

株式会社日本マナップ  ビジネスマナー講師 中村 早苗